にんにく醤油について

吉田屋はこの徳山遠石の地で江戸時代の後期に創業し、東海道につながるこの山陽道を旅する者達のお世話をする商いから創め、明治30年にしょうゆの製造販売一本に絞り専業としました。

大正~昭和の時代に「昇る朝日」と「力強く飛ぶ鷲」をイメージした”アサヒワシ”をブランドとして立ち上げ、伝統のしょうゆ造りに打ち込んできました。

この半世紀は当地方に江戸時代から伝わる「甘露しょうゆ」のまろやかな”こく”と”うまみ”を研究し、さらに独自の塩分を抑える方法を編み出したことで、保存料を使用せずに、ただ”甘み”を加えただけではない”一度食べたら忘れられない口当たりの良さ”が当蔵のしょうゆの味の特徴となっています。

008この”うまみ”たっぷりのしょうゆに”にんにく”を合わせ熟成させて造っているのが「からあげもおいしくなるにんにく醤油」です。

にんにくの豊かな香りとしょうゆの甘みが感じられる醤油屋ならではの一味違う仕上がりになっています。

にんにくは風土穏やかな地元山口産と豊かな大地の青森産の国産にんにくにこだわることで、”鮮度と香り”品質を直接確かめることができるのです。

IMG_0459このにんにく醤油を一本一本確かめながら丁寧に手で造り、おいしい風味とともに安心もお届けしています。

とり肉を一口大の大きさに切り、このにんにくしょうゆに2~3時間漬け込むだけです。

後はいっさいの味付けなどせずに、小麦粉(お好みで片栗粉)をまぶして揚げるだけで、簡単に一味違った「しょうゆ屋秘伝の味付けから揚げ」が出来上がります。

その他に、魚の竜田揚げや煮たまご、豚のチャーシューも漬けるだけで簡単に出来上がりますし、もちろん、普通のにんにく醤油のように餃子のたれやチャーハン・中華野菜炒めの味付けにもお使いいただけます。

20090113142050

 

 

 

kounyuu1